エスワティニでお買い物とTシャツプレゼント

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿 旅の随筆
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
2020.03.12 アフリカ南部4ヶ国旅 Day7

前回のあらすじ>

エスワティニのマンテンガカルチャービレッジでスワジ族の「かかと落とし」民族ダンスを見た私たち。1泊2日滞在のエスワティニですが、なかなか面白いものが見れて満足でした。

お土産を探しにクラフトマーケットとスーパーへ

ではでは!エスワティニのお土産を探しに街へ繰り出しましょう。

…と言っても、街らしき街はありません。どこへ行けば良いのか分からないので、とりあえず空港からホテルへ向かう途中の道端にあったクラフトマーケットのようなところへ行ってみました。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
汚い茶髪でごめんなさい

えっと。まず謝っておきます。汚い茶髪を見せつけてすみません。この風貌で良く清潔な商品がウリのメーカーショールームに勤務してるなぁと、今改めて反省しております。リアルタイムで現在は育休中なので、復帰する時には清潔感という名の光背を背負って魔都・新宿に降臨したいと思います。

んで。ここが空港からホテルに向かう途中で見掛けたクラフトマーケット的なところ。特に名前は無さそう。グーグルマップにも載っていません。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
アクセサリーとか

数軒のお店が軒を連ねていて、ビーズで作ったアクセサリーやアフリカチックな絵、

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
籠バッグとか

籠バッグ、

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
アフリカらしい生地の服とか

アフリカらしいカラフルな柄の生地で作った服などが売られていました。

SAORI
SAORI

まぁまぁ可愛いけど、今回アフリカ布はモザンビークで買うって決めてるしなぁ

エスワティニらしい定番土産をまったくリサーチしていなかったので、ウィンドウショッピングをして終了。冷やかしですみません。

一応場所はこの辺りです。ストリートビューで見ると分かるよ!

このマーケットの隣にショッピングモールやスーパーがあったので、スーパーに行ってお土産を買うことに。困ったらスーパー。とりあえずスーパーに行けば何とかなる!

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
スーパー大好き

もう本当、海外スーパー大好き。陳列眺めてるだけでテンション上がる。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
安定のクノールスープ

これといったエスワティニっぽいものがなくて、結局いつものご当地クノールスープを購入しました。クノールスープもエスワティニのものではなくて、manufactured by南アフリカでした。まぁいいのいいの、それっぽさが出れば。ありがとう、世界のクノール。
▶関連記事:ロシアのクノール / モロッコのクノール / カタールのクノール

自作Tシャツをプレゼントする

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿

それとなくお土産を買い終え、ホテルへ戻ってきた私たち。

SAORI
SAORI

レセプションのお姉さんに会いに行かなきゃ

そう、私にはレセプションのお姉さんに会いに行かねばならない理由がありました。私たちがチェックインした時に部屋まで案内してくれたスタッフのお姉さんが、私の着ている自作Tシャツを見るなり、

「そのTシャツ!とっても可愛い!」
「どこで買えるの?私も欲しいわ!」

と絶賛。これには私も悪い気はしません。

SAORI
SAORI

ふふっ…これは私が作った(描いた)オリジナルTシャツなんですよ…

と得意気に言うと、

「え!?そのTシャツ、あなたが作ったの?」
「あなた、工場勤務の人?」

うん、工場勤務の人ではないんだけどね。

マンテンガカルチャービレッジ エスワティニ 民族ダンス

↑このエスワティニTシャツね。

今までもご当地Tシャツを作って着ていましたが、ここまでの反応してくれたのはエスワティニだけです。エスワティニ、めっちゃいい国だな。国王がアレだとか、見どころが無さそうとか、散々言ってごめんなさい。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
お姉さんいるかなー

エスワティニの民が私の自作Tシャツをネットで購入するのはあまり現実的ではないため、

SAORI
SAORI

もうこのTシャツ、プレゼントしちゃおう

とレセプションに向かったわけです。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
Tシャツ贈呈式

いました、Tシャツ絶賛お姉さん。

SAORI
SAORI

これ…良ければどうぞ

そう言って私の着ていたTシャツを差し出すと、お姉さんは「え!!!いいの!?」と言って早速スマホで撮影を開始。

今振り返ると、私の汗だとか、街中の砂埃だとか、おたくの国王の悪口だとか、そんな色々なモノがしみ込んだ脱ぎたてホヤホヤのTシャツを麗しきレディにお渡しするだなんて、なんて無神経な女なんだとちょっと思ったりもしますが。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
喜んでくれて良かった

お姉さんが喜んでくれたので良しとしましょう。お姉さん、可愛かった!

Mantenga Lodgeレストランで夕飯

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
照明が可愛い

夕飯はホテルのレストランで食べることに。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
レストラン

こちらがホテルのレストラン。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
大人気!

この日はお客さんがいっぱい!学生さんみたいな団体もいました。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
周りは大自然

私たちはテラス席に案内されました。

レストランの周りはご覧の通り、大自然。暗くなってくると、空には星が輝きだしました。周りに街明かりが一切ないので、星がとても綺麗に見えます。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
テーブル中央にはランタンと草

料理をオーダーして、しばし待ちます。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
細くて固いパンみたいなやつを頬張る

お通し的な感じで出てきた細くて固いパンみたいなものを頬張る私。これ、イタリア生まれのグリッシーニっていう名前の食べ物なんですね。ふむふむ。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
おっくんの頼んだカレーみたいな食べ物

はい。ご飯が出てきましたよー!

こちらはおっくんが頼んだ…多分カレーみたいな何かだと思います。もう覚えていません。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
白い物体が突き刺さっている

カレーみたいな料理に、視界を遮るほどに大きいパリパリの白い物体が突き刺さっている、なんとも芸術的な一皿でした。シェフの拘りを感じざるを得ません。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
SAORIの頼んだ肉

そして私が頼んだのは肉。肉肉肉。

可愛いまな板のような板に、3種類の肉塊がドンドンドーン!

そして肉にはお子さまのテンションを爆上げするアイテム、旗楊枝が刺さっています。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
いろんなお肉

左はポークチョップ、右はランプ肉、真ん中は良く分からない!

SAORI
SAORI

とりあえず全部美味しい

星空の下で食べる肉は美味い。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
なにやら喚声が

と、その時。なにやら喚声が聞こえました。

見てみると、外のライブキッチンで大きな炎が!シェフが何かを焼いているようです。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
THE・炎の料理人

炎が立ち上る度に上がる喚声。

その喚声に応えるように、さらに激しく炎を立ち上らせ調理するシェフ。

炎と喚声の応酬の結果。

Mantenga Lodge eswatini エスワティニ 宿
シェフー!!!!

結構マジ炎上

シェフ、張り切りすぎです。まぁこんな感じで、美味しい食事と、綺麗な星空と、シェフの炎上を楽しめて満足でした。

明日はいよいよこの旅最後の国、4ヶ国目のモザンビークへ移動です。このアフリカ4ヶ国周遊旅ブログもそろそろフィナーレが見えてきました!最後までよろしくお願いします。

<つづく>

(この記事は2020年3月の南部アフリカ4ヶ国周遊旅ブログです)

コメント

  1. カメラが欲しい紳士 より:

    テーシャツに国境はないことがわかり、もはやなんとしても手に入れたい世界的テーシャツクリエイターの代物だと再認識しました。
    ランタンって良いですよね。
    キャンプの時なんか特に。
    もってないですけど。
    ちなみにキャンプもしてないです

    • saorigraph より:

      わかる~、ランタンって良いよね。
      冬キャンプで星が瞬く寒空の下、
      ランタンの明かりを挟んでホットミルクを飲みながら、
      他愛もない会話をする時間って最高ですよね。

      ランタン持ってないし、
      キャンプも面倒なのでやらないし、
      寒い日は外に出たくないし、
      夜は布団の中が一番だと思ってますけど。