ウル・テンブロン国立公園 日帰りツアーに参加したよ①

旅の随筆
スポンサーリンク
10/11(金) ブルネイ旅行3日目

ブルネイ旅行3日目。本日は日帰りでウル・テンブロン国立公園ツアーに参加します。

▶ ウル・テンブロン国立公園のツアー情報はこちら

ちなみにこの日は金曜日。

金曜日はモスクがお休みなので、市内観光ではなく国立公園ツアーとか、マングローブクルーズとか、水上集落見学とか、他の都市やマレーシアへ行くとか、そういう過ごし方をした方がいいです。旅程組む時は曜日に注意してね!

 

水上ボートでテンブロン地区へ

Freme Travelでお願いしたガイドさんにホテルまで迎えにきてもらい、ツアーに出発!まずはテンブロン地区行きのボート乗り場『Temburong Boat Jetty』へ。

 

スピードハンタース…!
(スピードハンターズの最後の濁点が取れちゃったのね)

ボート乗り場の駐車場に停まっていた車に、日本語のステッカー。どういう経緯でここに来たのか気になります。

色々な国に行って面白いのは、どこでも少なからず日本に関係する物があるということ。本当にすごいなと思う。ブルネイで見つけたのは車だったり、自動販売機だったり、トイレだったり。

 

地元民と一緒に、水上ボートに乗り込みます。

途中マレーシアを経由しますが、入国審査はありません。ただ、水上ボートに乗る際の申請でパスポート番号などの記入がありました。

おっくん
おっくん

SAORIさん、パスポートの番号なにー?

SAORI
SAORI

あ、覚えてない、そして

SAORI
SAORI

パスポート、車の中(のスーツケースの中)

おっくん
おっくん

は!?パスポート持ってないとかありえないんだけど!

この後、おっくんにコテンパンに怒られました。そりゃそうですよね、一番の貴重品を金庫とかでもなく、ツアー会社の車の、しかも鍵すらかけていないスーツケースの中に置いてきたとか。(ツアー会社の車は既にいなくなっていた)なんで置いてきちゃったのかなー?気抜きすぎでしょ。

皆さん、海外旅行中、パスポートは肌身離さず持っていましょう!

(パスポート番号の記入はフンワリで大丈夫でした)

 

ボートの中はこんな感じ。水路はブルネイに根付いた交通手段。バスや電車に乗る感覚なのかな?途中でマレーシアに入って、またブルネイになります。

けっこうなスピードで進むので、カーブを曲がる時はボートが傾いて面白いよ!ボート内には空調はありませんが、走り出すと風が入って気持ち良いです。

 

BSB(バンダル・スリ・ブガワン)のボート乗り場から大体1時間くらいで、テンブロン地区唯一の町、バンガーの船着き場へ到着。

ここからツアー会社の車に乗り換えます。テンブロン地区には信号が1つくらいしかないんだって。いいね、のどかで。

 

地元のマーケットへ

まずは船着き場の近くにある『Tamu Aneka Temburong』というマーケットへ。

 

良くある海外のマーケットと比較するとむさくるしい熱気はなく、のんびりとしています。金曜日だったからか、気持ちお店も少な目。

 

野菜や果物、はちみつなど、地元のものが色々売られています。

 

バナナ、ひと房で1B$(≒80円)だったので買いました。1本が10cmくらいの小さなバナナで食べやすいよ。ひとくちバナナ。

甘くて美味しい。小腹が空いたときにオススメ。

 

おっくん
おっくん

うまそう買いたい!

SAORI
SAORI

この後ロッジで軽く朝食出るから我慢しなよ

おっくんはすぐ揚げ物を食べたがる。

 

わたくしがこのマーケットで一番興味をそそられたのが、こちらの木の棒。

SAORI
SAORI

これ、なんだと思います?

これはシャンプーの木。マメ科の植物で、サポニンという成分が含まれており水に浸すと泡立つことから、石鹸やシャンプーとして使われているのだそう。

シャンプーの木とか、初めて見ました。こんな木もあるんだなー面白い!買って来れば良かった。

でもほら、またどうせ余計なもの買うと出入国審査で引っかかりそうだし。何も怪しいもの持っていなくても、どうせ引っかかるし。もうおとなしくしておこう。
カナダの入国審査で別室に送られた話(前編)
カナダの入国審査で別室に送られた話(後編)
カナダの入国審査で別室に送られた挙句、麻薬検査までされた話

 

地元のマーケットはやっぱり面白いですな。

 

ツアー会社のロッジで朝食

マーケットをあとにし、車で25分ほど走ると、テンブロン川沿いに建っているツアー会社のロッジに到着。この辺りに各ツアー会社のロッジが建っています。

ここで軽く朝食をとります。

 

こちらはブルネイ名物料理のひとつ『プルッパンガン』

もち米の中にエビや牛などの具が入った、ちまきのようなもの。バナナの葉で包んでいます。

 

これ美味しかった!日本人の口に合います。米は正義。

 

あと揚げバナナね。ほんのり甘くて、お菓子のような感じです。これも美味しい。

お腹もちょうどよく満たされたので、ウル・テンブロン国立公園へ向かいましょう。

 

テンブロン川をロングボートでのぼる

さて。ロッジからウル・テンブロン国立公園へは車では行けないので、テンブロン川を上ってアクセスします。斬新!

 

テンブロン川を上るのは、こちらのロングボート。最後部にモーターが付いており、けっこうなスピードが出ます。

ロングボートは細長いボートで、縦に一列にならんで乗ります。

 

乗ってみると分かるのですが、ボートの高さは水面ギリギリ。そこをものすごいスピードで進んでいくので、ボートの両サイドに勢いよく水飛沫が上がります。

それがすごく気持ちいい!ロングボート、やみつきになります。

 

ただ、わたくしの背後には最近ちょっと(というか結構)ぽっちゃり気味のおっくんが座っていたのですが。そのおっくんが左右に少し動くと、ロングボートが思いっきり傾く。

頼むから、動くな。

おっくんの動くたびに、微妙にバランスをとるこっちの身にもなってくれ。

川に落ちるとか、勘弁だからね。わたくし、底の見えない(透明度の低い)水の中に入るの、本当に嫌い。だって、何がいるかわからないじゃん。

アナコンダとかさ、でっかいワニとかさ、ジョーズとかさ、未確認生命体とかさ、何が狙っているか分からないもん。

わたくしの目標は老衰なんで!

老衰するまでは死にたくないんで!今『ろうすい』と打って変換したら『漏水』になったよ!目標が漏水とか意味わかんないよ!

 

はい、だいぶ取り乱しました。

こんな調子で約1時間、ロングボートに乗って国立公園の事務所を目指します。個人的にこのロングボート、すごく気持ちよかったので、あと3時間乗っていたいくらいでした。

 

川沿いに建っているこちらの建物が、国立公園事務所。ここでガイドさんがなにやら手続きをします。こちらの建物は宿泊施設にもなっています。

Ulu Ulu Resort - Ulu Ulu Resort - National Park, Temburong, Brunei Darussalam

▲前回の記事に載せたツアー会社以外に、ここからでもツアーの申し込み等出来るようです。

ここからトレッキングスタートなのですが、トレッキング中はトイレが無いので、ここでトイレに行っておきましょう。

次回、キャノピーウォーク目指してトレッキング開始です!

 

<つづく>

 

(この記事は2019年10月のブルネイ旅ブログです)

コメント