【奈良県】橿原市・大和八木駅前の「居酒屋ウエダ」で朝食を

居酒屋ウエダ 大和八木駅 外観 旅の随筆
スポンサーリンク

みなさま、どうもお久しぶりです。新年のご挨拶もせずに、気が付けば1月も下旬。

もう、3記事くらい書いたら年末になりそうです。

そうならないように頑張らねば!まだ旅ネタ(南アフリカ・レソト・エスワティニ・モザンビーク・国内)が残っているのでね。ちなみに今年の旅の予定としては、W杯でカタールへ行けたらいいなと思っています。空調完備のハイテクスタジアムが見たい。もう、1ヶ月くらいカタールに滞在したい。

とりあえずおっくんにチケットの申込みだけしてもらおうと思います。

さて。本日から3記事連続で、奈良県橿原市にある「SAORIが気になったお店」の紹介をしたいと思います。実は我が家の事情としてかれこれ1年以上、おっくんは地元・橿原市を拠点に働いています。なので私も2ヶ月に1度くらい、東京から奈良へ遊びに行っています。

遊びに行く時はカンデオホテルズ奈良橿原に宿泊し、朝食もホテルで食べることが多い。

カンデオホテルズ奈良橿原の朝食バイキング

ただ、3連泊とかすると、いくらバイキングもちょっと飽きてしまうのですよ。毎回奈良へ行く度に泊まっているからね。「たまには街に繰り出して、地元の店で朝食でも食べるか」と思い立ったわけです。

SAORI
SAORI

ねえ、大和八木駅から徒歩圏内で朝食たべられる店、教えて

おっくん
おっくん

モーニングなら高架下のカフェとか

違う。そうじゃない。

皆さんは朝ごはん、米派ですか?パン派ですか?

私は普段は朝食食べない派というかギリギリまで寝ている派ですが、食べるなら米がいい。白米がいい。実家でも米と納豆だったし、学生時代徹夜明けはジョナサンのとろろ定食が定番だった。米が食べたい。米を食わせろ。

SAORI
SAORI

おしゃカフェモーニングじゃなくて、定食が食べたいの

SAORI
SAORI

米と、味噌汁と、焼き魚が食べたいの

おっくん
おっくん

そう言われると…和食ってあんまりないなぁ

と考え込むおっくん。そうなんだよね、

朝からお米が食べられる店って案外少ないんだよね。今後、大和八木駅近くに飲食店を出店しようと目論んでいる飲食関係者の皆さま。定食屋を。定食屋を作ってください。朝から夜までやってるやつ。

おっくん
おっくん

あ!そう言えば駅前に、居酒屋なんだけど朝から開いてて、定食って書いてある店があるよ!

SAORI
SAORI

ほう、何てお店?

おっくん
おっくん

「居酒屋ウエダ」ってお店!

ああ…あの店か。あの店、朝からやってるのか。

「居酒屋ウエダ」の前は良く通るのですが、THE・地元の居酒屋という感じ。たまに店の入口が開いたタイミングで中をチラ見すると、年季の入った常連客たちが昼間から酒を飲んだくれている姿を目にする(居酒屋だからね)。そんな、一見さん(しかもノンアルコール)が入るには少しハードルが高い店なのです。

SAORI
SAORI

でも朝なら、飲んだくれ野郎もいないか(←言い方)

私はお酒をほぼ飲まないので酒飲みの習性が良く分からないのですが、恐らく彼らは朝の光に弱い。酒を飲みにやってくるのは、早くても11時くらいだろう。

SAORI
SAORI

じゃあ「居酒屋ウエダ」に朝ごはん食べに行ってみる!

こうして純粋に朝ごはんを食べるためだけに、「居酒屋ウエダ」へ単身乗り込むことになりました。(おっくんは仕事だったので)

「居酒屋ウエダ」入店

居酒屋ウエダ 大和八木駅 外観

朝9時半過ぎに「居酒屋ウエダ」の店の前へやってきたSAORI。

居酒屋ウエダ 大和八木駅 外観

どうやら本当に定食はあるようです。

おふくろの味か。一体私は、橿原市に住まう誰のおふくろの味を食べることになるのか。

居酒屋ウエダ 大和八木駅 外観

ふむ…改めて、やはりこれはなかなかに入りづらい。朝からシラフでローカル居酒屋に1人で入るハードルの高さよ。信楽焼のタヌキの置物が「おいでやす」とか言ってくれているけれど、すごく入りづらい。

なにより気になるのは、なぜ昭和の室内パーテーション(衝立)のようなものにメニューが貼られているのか。この『あら!これ使えるじゃない!ちょうどいいわ~』的発想は、思春期と中年期・高年期の女性に多い。

かく言う私も、中学生だか高校生だかの頃、ペットボトルを筆箱代わりにしていた。貧乏で筆箱が買えなかった訳ではない。『ペットボトルにペンを入れたらオシャレじゃない!?』という謎の発想が舞い降りてきたのだ。ペットボトルを筆箱代わりにした感想は『使いたいペンをピンポイントで取り出すには熟練の技が必要』『消しゴムは最後まで出てこない』である。あまりオススメしない。

話が逸れました。

それでも、ここに入らねば定食が食べられない。

こんな時私はいつも「まぁ、もう二度と会わない人達だもんな」と思って行動することにしています。入りづらい店に一人で入る時。店員さんに話しかける時。なにか恥ずかしいことをしてしまった時。どんな時も『相手は二度と私の人生に関わることはない』と思えば、大抵なんでもこなせます。

そんなこんなで、入店。

居酒屋ウエダ 大和八木駅 内観

店内にお客さんの姿はなく、カウンターの中で2人のおふくろがせっせと料理を作っていました。

開店時間と同時に入ってきた30代後半シラフ女の姿を見て、一瞬狼狽えるおふくろズ。そりゃそうです。多分このパターンの来客はあまりないのでしょう。

おふくろ
おふくろ

す、好きな席に座ってね

SAORI
SAORI

へーい

では早速メニューを。

居酒屋ウエダ 大和八木駅 メニュー

とんかつ定食…おつくり定食…豚キムチ定食…けっこう種類があります。

ただ私の気分は焼き魚。朝は焼き魚が食べたいのだ!

おふくろ
おふくろ

あと日替わり定食もあるからね

SAORI
SAORI

日替わり定食は何ですか?

おふくろ
おふくろ

今日は焼き鮭よ

SAORI
SAORI

じゃあ日替わり定食ください

朝食にぴったりな焼き魚(鮭)の定食にご満悦なSAORI。やっぱり朝は魚と米だね!

「居酒屋ウエダ」の日替わり定食

日替わり定食が出てくるまで、店内を観察して過ごします。

最初2人だったおふくろは、気が付けば4人に増えていました。おふくろ増殖。その中でもリーダー(ママさん)と思しきおふくろが「あたたかいお茶、飲む?」と優しい気遣い。そして出てきたお茶は

居酒屋ウエダ 大和八木駅 定食

マグカップ。

100均で買ってきたような家庭感が半端ないマグカップ。さすがおふくろ。こんな細かい所でもおふくろの味を演出するとは。これはもうプロ級のおふくろ、略してプロくろです。

おふくろ
おふくろ

そうだ、好きな小鉢2つ選んでいいわよ

定食を頼むと、カウンターの上に並べられている4~5種類の小鉢から、好きな小鉢を2種類選べます。

居酒屋ウエダ 大和八木駅 定食

この日の小鉢ラインナップはこんな感じ。

私は左上にある海老が入った小鉢と、真ん中のちょっぴり辛い菜っ葉のお浸しみたいな小鉢にしました。

居酒屋ウエダ 大和八木駅 定食

そして、メインの焼き鮭登場。魚だー!魚だー!

居酒屋ウエダ 大和八木駅 定食
日替わり定食(700円)

これが日替わり定食の全容です。白米、メイン(この日は鮭)、味噌汁、小鉢2つ、漬け物。これで700円。あたたかい和食が食べられるのは有難い。

SAORI
SAORI

味噌汁うまー

しばらく店内は私ひとりしかお客がいませんでしたが、10時を過ぎると常連客がやってきました。そしてテーブルに座ると、早速ビールで一杯やり始めました。私の予想より1時間早い。場数を踏んだ酒飲みは、朝の光にも強い規則正しい生活をしているらしい。

SAORI
SAORI

ごちそうさまでした~!

おふくろ
おふくろ

ありがとう、また来てね

一見客にまで、少し照れながら声をかけてくれるおふくろズ。最後までおふくろの優しさ全開。その姿はまるで娘を見送る母!

他人だけどね。

おふくろの味に飢えている方、朝から酒が飲みたい方はぜひ行ってみて下さい。

 

「居酒屋ウエダ」基本情報

住所 奈良県橿原市内膳町5丁目2-37
電話 0744-24-0532
営業時間 9:30~20:00
 定休日 木曜日・第3水曜日
 予算 2,000円~3,000円(定食だけなら1,000円以内)
公式サイト なし

※店内は喫煙可。煙草が苦手な方は朝イチに行きましょう

 

(この記事は2021年4月の奈良旅ブログです)

コメント

  1. 奈良の観光バイクカー乗りたい紳士 より:

    いつもわたしだけコメントしてて本当に恥ずかしくてもう金輪際コメントしたい気分に襲われて毎回すいません
    でも
    うまそう(^ω^)だからコメントせずにいられませんでした

    • saorigraph より:

      ある意味お互いの生存確認だと思っているので、紳士には毎回コメントしてもらわないと。
      そうでなくとも、コメント無かったらブログ書く元気出ない。

      朝はやっぱり白米だよね~(ΦωΦ)