小田原梅サイダー|神奈川県

小田原梅サイダー ご当地サイダー
スポンサーリンク

隣接県は旅行の対象から外れやすい。

 

SAORI
SAORI

個人的な行動パターンですけどね

 

思い返してみると、そういえば神奈川県に旅行(宿泊を兼ねた)したことって…あるのかな。湯河原の温泉くらいかな。隣にいるはずなのに、実は良く知らない。近くにいるからこそ、その存在を蔑ろにしてしまう。でもいつも私を見守ってくれているのは、隣にいる神奈川県なのに(そうなの?)。

今日はそんな神奈川県のサイダーをご紹介します。

 

小田原梅サイダーの基本情報

本日ご紹介するのは、気が付いたら家にあった“小田原梅サイダー”です。

一時期大量にご当地サイダーを貰いすぎて、誰から貰ったのか全て忘れてしまいました。「俺があげたんだよ!忘れるなよ!」という方は名乗り出て下さい。

小田原梅サイダー

商品名:小田原梅サイダー
ご当地:神奈川県
原材料:砂糖、はちみつ、梅果汁、酸味料、香料、ビタミンC、カラメル色素
内容量:330ml
販売者:報徳仕法株式会社(小田原柑橘倶楽部)

小田原梅サイダーは、報徳二宮神社が出資した報徳仕法株式会社を母体とした「小田原柑橘俱楽部」さんが開発したサイダー。「小田原柑橘俱楽部」は小田原市片浦地区の農家さん支援を目的に活動、地域活性化を推進しておられるそうです。

関東でも一足先に春の訪れを告げる、小田原の曽我梅林。ここで収穫された梅の多くは小田原特産の「梅干」などに加工されます。中でも“十郎”梅は小田原独自の品種で、肉が厚く柔らかいことから梅干用品種の最秀品とされているんだって。

▼小田原柑橘俱楽部の公式HP▼

小田原柑橘倶楽部 神奈川県小田原市
神奈川県小田原市、小田原柑橘倶楽部のWEBサ&#124...

 

小田原梅サイダーの評価

 

小田原梅サイダー

 

各項目の詳細点数魅力(美味しさ):3.7
甘さ:3.3
酸味:1.3
攻撃力(炭酸の強さ):4.0
スピード(のどごし):3.3
特殊能力(味の個性):2.0
※3人の採点(1~5点)による平均値
※「点数が高いから良い」というものではありません。ご自身がどの項目を重視するかを基準に見てみてください。

“地元の優れた農産物の魅力を伝えたい”という想いをもった団体が開発したサイダーは、全体的に品質が高い傾向にあります。こちらの小田原梅サイダーも然り、果肉の入ったサイダーはちょっと特別感があります。

期待していたよりも梅感が少し弱めかな?といったところで特殊能力(味の個性)は2.0ですが、全体的には高評価サイダーの部類に入ります。

 

飲んでみた感想

SAORI
SAORI

おお!このサイダー、果肉が入ってますね!
果肉が目に見えると特別感ある!

 
IMA先輩
IMA先輩

本当だ!そして香りがいいね!

 

小田原産十郎梅を使用したサイダー。コップに注ぐと梅の良い香りが広がります。

 

IMA先輩
IMA先輩

うん、味は予想通りだね

アキコ氏
アキコ氏

梅の割にはちょっと酸味不足かなぁ

SAORI
SAORI

だね、もうちょっと味に梅感欲しいかな!

 

味にもうちょっと梅感が欲しいかなとも思いますが、サイダーとしては美味しいです。サイダー自体に甘さがあるので、お菓子を一緒に食べる際は甘さ控えめのお菓子が良いでしょう。

 

小田原梅サイダーを三拍子でまとめると

  1. 果肉が贅沢なサイダー
  2. 香りが良いサイダー
  3. 小田原をもっと知りたくなるサイダー

 

販売元へSAORIGRAPHからの一言

SAORI
SAORI

小田原梅サイダーの他にも、片浦レモンサイダーと小田原みかんサイダーがあるんですね!ぜひそちらも試してみたいと思います。
普通に十郎梅の梅干し、食べたいな。

 

神奈川県のおすすめスポット

SAORIが神奈川県で推すと言ったら、もうここしかないでしょう。ズバリ!防衛大学校の開校記念祭です!

防衛大の開校記念祭

防衛大学校があるのは、神奈川県横須賀市。普段は入ることのできない防衛大ですが、防大ツアー(キャンパス見学)や開校記念祭では一般の方も構内に入ることができます。

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、2020年の開校記念祭は中止されました。現在も緊急事態宣言下のため、防大ツアーは中止されております。

 

開校記念祭に行くと、こんな風にヨットに乗ってみたりとか。

 

パラシュートを背負ってみたりとか。

 

迷彩服を着て掩体に入り、小銃を構えることが出来ます。

▼関連記事▼

防衛大の開校記念祭!国防系男子に囲まれてイロイロ満喫してみた
BTB はい、どー...

 

そしてそんな防衛大学校開校記念祭の目玉イベントと言えばこちら!

「棒倒し」です。

300人(150人vs150人)の防大生が相手チームの棒を倒すために激しい攻防戦を繰り広げ、その結果着用しているシャツが破け、鍛えられた至高の筋肉がお目見えするというイベントです。(後半2/3は個人的イベントです)

 

毎年毎年見に行っていた開校記念祭の棒倒し。「いつか防大の広報からお声掛けがあるんじゃないか」と期待していましたが、全然声がかかりません。なんでですか?そして新型コロナウイルスの影響で今後一体どうなるのか…。

落ち着いたらぜひとも再開していただき、そして私を「棒倒しPR大使」としてお招き下さい。防衛大の広報担当者さま、お声掛けお待ちしております!

▼関連記事▼

防衛大学校開校記念祭2018|棒倒し(今年はいきなり決勝記事)
皆さま、お待たせしました... 本...

 

では、今回はここまで!Buen viaje!

コメント