ブルネイの7つ星ホテル『エンパイアホテル』宿泊レビュー(オーシャンビュールーム編)

旅の随筆
スポンサーリンク
SAORI
SAORI

ブルネイの宿情報です!

ブルネイでは「The Empire Hotel&Country Club(エンパイアホテル)」に2泊しました。エンパイアホテル自体が観光名所みたいな立ち位置でもあるので、施設を全て見て回るとなるとすごい時間がかかります。

今回の記事では宿泊した部屋メインにご紹介します。(別記事で部屋以外の施設紹介を書きます)

 

The Empire Hotel&Country Club基本情報

住所:BG3122, Jerudong, Negara Brunei Darussalam
駐車場:有り(無料)
Wi-Fi:有り
チェックイン:14時~
チェックアウト:~11時
客室数:522

レストラン、カフェ、ツアーデスク、プール、カントリークラブ、レジャー施設、24時間ルームサービスなど、とにかく何でもある。

エンパイアホテルはブルネイで最も高級なホテル。

あまりの豪華さゆえに、“7つ星”と称されているほど。施設内には21金の装飾が施され、イタリアの大理石を使った巨大な柱やスケール違いの吹き抜けなど、

SAORI
SAORI

こ、これは一体…

と庶民が大混乱する要素満載のホテルです。わたくしも幾度となく混乱しました。(良い意味で)

それだけ豪華なのに閑散期は1泊1部屋2万円台から宿泊することが出来るという太っ腹なホテルなので、この機会に豪華なホテルを味わっておくのも良い経験だと思います!

 

SEA VIEW棟に宿泊

エンパイアホテルには沢山の宿泊棟があります。その中でもこちらのSEA VIEW棟は海に面しており、オーシャンビューが楽しめる部屋があります。

同じレベルの部屋だとオーシャンビューの部屋の方が少々お高くなりますが、うちの家計は旅行に関しては予算がすぐにおりる(ゆるゆる)ので、オーシャンビューの部屋に2泊してみました。

 

いざ、宿泊棟へ。

 

今回泊まったのは4階のお部屋。

この写真を見てT.M.Revolution(西川貴教)が思い浮かんだ人とは仲良くなれそうです。
(このブログで一番出てきている芸能人の名前は、確実にT.M.Revolutionです)

SAORI
SAORI

欲望も~レベル上げれば~

ちょっとやそっとじゃ、満たせないですよね。

 

宿泊フロアはこんな感じ。ふわふわのカーペットが敷かれ、ありとあらゆる場所にソファセットが置かれています。

 

施設内は吹き抜けになっており、スケールの大きさに圧倒されます。

 

空間が広すぎて、他の物が小さく見える…。ぜひここでインド映画を撮影してほしいですね。全フロア吹き抜け越しでインド人たちが踊りだすとか、想像しただけで面白い。

閑散期だった為か、清掃スタッフとホテルマン以外の人物を見ることがありませんでした。

SAORI
SAORI

え、この棟に私たちだけとか、無いよね?

と思うくらい、誰もいませんでした。ひとり占め!!!

 

オーシャンルームの設備紹介

では早速部屋に入ってみましょう。

 

こちらがオーシャンルーム(夜ver.)の内観。部屋の広さは大体60㎡くらいです。広い!天井高い!

内装のテイストはわたくしの好みではありませんが、これはこれで良い。THEって感じで。THE・エンパイア(帝国)なホテルって感じで。

もしここにラピュタのムスカ大佐と一緒に宿泊したら、

ムスカ大佐
ムスカ大佐

ここから先は王族しか入れない聖域なのだ

とか言いそうでめんどくせえ。絶対一緒に泊まらんぞ。

 

部屋のドアを開けて入ったところに、荷物置きスペースなのかしら。こんな空間がありました。

ムスカ大佐
ムスカ大佐

君はこのスペースで寝れるだろ

いや、寝ないし。くっそ~、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタめ!王家ぶりやがって!

なんとも贅沢に荷物をぶちまけたつもりでしたが、わたくし達の荷物はそれほど多くなかったので(リュック×2、小さいスーツケース×1)、空間が余り過ぎて逆に貧相な印象。

 

荷物置きスペースの壁面には、アイロンやアイロン台、スリッパなどが入っているクローゼットがあります。

 

ベッドはキングサイズのものがドーン。

 

ベッドの向かいには、デスクと仏壇のような家具が。仏壇の扉を開けると、中にはテレビが収納されていました。ありがたや~(見ないけどね)

デスクの引き出しに、ドライヤーや変換プラグが入っているので日本から持ってこなくても平気。

 

窓側から見るとこんな感じ。側転とかバク転とか、やりたい放題です。

ちなみに部屋の中でわたくしが地味に興奮したのがコチラ。

スイッチ類のイラスト。

SAORI
SAORI

可愛い!!!

これは部屋のドアの近くにあるのだけど、恐らく左から『寝てるので放っておいて』『部屋掃除して』『部屋の電気』のスイッチだと思われます。可愛いなー!

 

これはベッドサイドテーブルのところのスイッチ類。

 

これはバルコニーの照明と、スタンド照明と、ブラケット照明用のスイッチかしらね。こんなスイッチ、家に欲しいなぁ。

 

水回りは小躍りできる広さ!

そしてこちらがバスルーム!広い!広すぎる!

豪華な大理石の2ボウル洗面台と、窓際には大きなバスタブ。

『手を繋いで輪になって踊れるくらいのスペースがあります』と書いている他人様のブログがあったけれど、本当にその通り。小躍りや組体操が余裕で出来るスペースがあります。

 

自分が小さい…。

 

化粧水や洗顔フォームはありませんが、それ以外のアメニティは一通り置いてあります。

 

バスタブと反対側の壁面に、トイレとシャワールームがあります。右側がトイレで、左側がシャワールーム。シャワーの水圧は十分で、熱々のお湯がたっぷり出ます。

シャワーはお湯とお水のハンドルが別々で、最初にお湯のハンドルをひねると、オーバーヘッドもどきシャワーから熱湯が出てくるので注意して下さい。

 

シャワールーム内にはシャンプー、コンディショナー、シャワージェルがあります。

 

トイレには、タンク式トイレ(奥)とビデ(手前)が。エンパイアホテルのトイレは、紙を流しても平気です。

SAORI
SAORI

このビデって、未だに使ったことがないんだよね

まぁご覧の通り、便器の方にはウォシュレットが付いていないので、お尻とか洗いたいよー!となったらこのビデを使うのですが。まぁいつかやってみよう。

※職業柄水回り商品に興味があるので、トイレに関しては別企画で詳しく取り上げていきたいと思います。

 

シャワーだけでなく日本人ならバスタブにも浸かりたい!

ご安心下さい。こちらも蛇口からたっぷりのお湯が出るので、一気に温かいお風呂の出来上がりです。男性でもしっかり足を伸ばして入れるサイズです。

ただ、シャワールームとバスタブの間に例の小躍りできるくらい広い洗面スペースがある為、シャワーを浴びた後体が冷える前に小走りでバスタブに向かうという。

広すぎる家に住むって、大変だな。

 

その他、部屋の中のアレコレ

部屋にはミニバーがあり、中にはジュースやお水が入っています。ブルネイはアルコールNGの国なので、アルコールは備え付けられていません。

ムスカ大佐
ムスカ大佐

王国の復活を祝って、諸君にラピュタの力を見せてやろう

とか言いながら、どうしてもビールが飲みたいんだよ!というムスカ大佐がいらっしゃいましたら、日本からの持ち込みでお願いします。1人当たり、ワインやウイスキーならボトル2本(計2ℓ)および缶ビールは12缶(1缶330㎖)までの持ち込みが認められています。

 

ちなみに冷蔵庫の中の飲み物は、全部無料で飲めます。

部屋に案内してくれたスタッフが、『ジュース、持って帰ってもOKだぜ☆』と言っていて、さすがエンパイアさんは懐が深いなぁと思いました。

まぁ、持ち帰らずに飲み干しましたけどね。

厚意は全力で受け止めるタイプです。

 

部屋にはスナック菓子が1袋ありました。これはサービスなのか、それとも誰かの忘れ物なのか。

SAORI
SAORI

これ食べていいのかなぁ?

良く分からないけれど、美味しそうなので食べちゃいました。

実際美味しかったので、その後スーパーに行った時にお土産用で大量に購入したよ。このシリーズで『魚(サバ?)味』が新発売されていましたが、それは魚臭くてちょっと微妙だったので、買うならこの水色か、緑色のパッケージ(どちらも海老味)をお勧めします。

 

そして余談なのですが、

エンパイアホテルの客室内で、1番高価な物って何だかわかる?

と観光ガイドさんに聞かれて。

SAORI
SAORI

んー、便器?

ちがう。

皆さん、何だか分かります?正解は…

 

アイスペール。

公式のデータがある訳ではない(見付けられなかった)のですが、ガイドさんが言うにはこのアイスペールはピュアシルバー(純銀)で、部屋の中にある物の中で一番高いんだよ~!とのこと。

それを聞いて、とりあえずペタペタ触っておきました。

きっとこれがムスカ大佐と一緒の旅行だったら、

ムスカ大佐
ムスカ大佐

バカどもにはちょうどいい目くらましだ

とか何とか嫌味を言われるのでしょうね。もう、ムスカったら素直じゃないんだから。

 

オーシャンルームからのオーシャンビュー

では最後に部屋からのオーシャンビュー具合を。昼間は天気が良いと、こんな感じで綺麗な海を部屋から見ることができます。

ベッドに寝っ転がりながらでも、見れます(←ズボラか)。

夜は真っ暗なので「キャー!ロマンチック!」とはなりませんが、波の音は心地よいですね。

 

バルコニーはそこそこの広さがあり、椅子も置いてあるので、ここで海を眺めながら昼間から一杯飲む、なんてのもいいですな。わたくしはコーラを飲んでましたがな。

オーシャンビューの部屋に泊まるなら、昼間もこうして楽しめるのでぜひ連泊をお勧めします。

 

The Empire Hotel&Country Club

最後に、夜はどんな感じなのか、タイムラプス撮影したので貼っておくね。雲がもっと少なければ、夕焼けが綺麗に見えそうな予感。

 

1泊あたりの宿泊費はいくら?

ちなみにオーシャンビューの部屋の宿泊費は、1部屋1泊あたり

325B$(≒26,000円)

なので2泊で650B$。ブルネイではホテルに10%のサービスチャージが加算されるので、トータルの宿泊費は715B$(≒57,300円)でした!飲食代は除いて、純粋に宿泊費でこのお値段です。

まぁ閑散期なのもあったと思いますが、1人あたりで計算すると1泊1万5000円くらいで泊まれるんですよね。“7つ星”ホテルに。そう思えば安いもんです。

なかなか出来ない贅沢体験、ブルネイでしてみてはいかがでしょうか!

 

<つづく>

 

(この記事は2019年10月のブルネイ旅行ブログです)

コメント