【奈良旅】曽爾村|古民家の宿「木治屋」さんに宿泊したら色々面白かった

古民家の宿 木治屋 曽爾村 旅の随筆
スポンサーリンク
2020.09.28
SAORI
SAORI

曽爾村に行くなら、曽爾村に宿泊しよう

ということで曽爾村の宿泊施設を検索してみると、『古民家の宿 木治屋』さんと『民宿2・7(ツーセブン)』さんが有力候補として浮上しました。

他にも『森のオーベルジュ 星咲~きらら~』さんとかもあったけれど、

SAORI
SAORI

多分、曽爾村を牛耳ってるのはこの2軒だ

ということで、『古民家の宿 木治屋』か『民宿2・7(ツーセブン)』の二択に。『森のオーベルジュ 星咲~きらら~』さんはまた別の機会に。情報だけ貼り付けておきますね。

▼森のオーベルジュ 星咲~きらら~▼

森のオーベルジュ星咲〜きらら〜 | レストラン・ホテル | ワイン |曽爾村
森のオーベルジュ星咲~きらら~ 一日限定一組のお客様の為、できる限りお客様のご要望にお応えするオーダーメイドのパーソナルサービスを目指しております。フランス料理をベースに地元の食材を使った料理を提供するとともに料理にあったワインやお客様のお好みに合わせた最高の一杯を提供いたします。また、ソムリエ協会のネットワークを活か...

 

『古民家の宿 木治屋』に泊まってみた

古民家の宿 木治屋 曽爾村

悩みに悩んだ結果、宿泊したのは『古民家の宿 木治屋』さん。決め手は

SAORI
SAORI

どうやらこちらのご主人、曽爾村観光協会の会長らしいよ

という情報。権力に屈した瞬間です。

まぁそれは冗談で。ぼたん鍋が食べたかったし、古民家も見てみたかったし、宿のご主人が作ったという岩風呂にも入ってみたかったし。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

なかなか趣のある建物ですね。

木治屋さんの建物は、明治12年に建てられた古民家。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

予定していたチェックイン時間より早いですが、行ってみましょう。しかし玄関にあるインターホンを何度か押すも、人の気配がなく。

SAORI
SAORI

留守かしら?

おっくん
おっくん

インターホン壊れてるのかな?

と狼狽えていると、遠くからお婆さんの声で

お婆さん
お婆さん

そのインターホンを…押すんやで…

 

誰!?

 

木治屋の方かと思いきや、どうやら農作業帰りの近所の方だったらしく。木治屋の敷地に入ってきて我々にアドバイスをしてくれたものの、「さっきからインターホン押してるんですけどね、誰もいないんですよ」と言うと、静かに去っていきました。為す術なし!

結局電話をしたところ、無事宿の方が来て玄関を開けてくれました。もしチェックインの際誰もいなかったら、一度宿の電話番号に電話してみて下さい。

 

141年の時を越え!古民家の宿

古民家の宿 木治屋 曽爾村

中に入るとこんな感じ。おおー、まるでタイムスリップしたかのような設え!古い道具が色々飾られていて興味深い。

宿の主人
宿の主人

この建物は今年で141年なんや

ほほう。それは歴史ありますね。それよりなにより、私はご主人の格好が粋だなぁと釘付け。羽織袴(?)にハットを被ったご主人、めっちゃオシャレ。
木治屋さんのブログにご主人の写真が載ってました。ご覧ください。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

そしてふと目に留まったのがPayPayのQRコード。

SAORI
SAORI

え!お父さん、ここペイペイで払えるの!?

宿の主人
宿の主人

せやで~

宿の主人
宿の主人

他のナントカペイもいけるで~

マジですか。絶対現金でしか支払えないと思ってお金下ろしてきたけれど、キャッシュレス決済いけるのか。すごいな、古民家だけど時代の流れにバッチリ対応。じゃあキャッシュレス決済にしよ。

木治屋はキャッシュレス決済可能(PayPay以外のナントカペイの種類は要確認)

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

玄関で天井を見上げると、これはまた見事な茅葺屋根。木治屋さんの茅葺は、曽爾高原のススキを葺いています。さっすがー!

余談ですが、茅葺の『茅』はイネ科やカヤツリグサ科の草本の総称なんだそう。代表種にススキやスゲ、チガヤがあり、ススキを特定的に意味することもあるんだって。初めて知った。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

本日のお部屋は玄関の真横のお部屋。広さは8畳。シンプルなお部屋です。

写真だとあからさまに「押し入れ、物色しただろ」感が出ています。ええ、しましたよ。ふたりでは使い切れないほどの布団と毛布が入っていましたわ。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

部屋からはのどかな風景が見えます。

SAORI
SAORI

おばあちゃんの家に泊まりにきた、みたいな感じ!

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

奥にはご主人が手作りしたという岩風呂。お風呂はひとつで、特に男湯女湯などと時間が分かれてはいません。家族単位などで入ればよろしいかと。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

岩風呂に入浴する際は、こちらの木札を柱から外します。ひっくり返すと「入浴中」の表記がされているので、それをお風呂の入口に掛けることになっています。

このあたりのルールは、チェックイン時にご主人が丁寧に教えてくれます。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

木治屋さんの宿泊部屋にはテレビがありません。どうしてもテレビが見たい!という方は、こちらのスペースに1台だけテレビがあるのでそちらをどうぞ。

でもせっかくなら、何もない贅沢を味わうのがよろしいかと。

 

アクシデント発生!ブレーカーが故障!?

チェックインをして荷物を置いた後、曽爾高原の山灯りに出掛けた我々。

【奈良旅】曽爾村のおすすめ自然スポット巡り&曽爾高原山灯り2020
SAORI Go ...

18時半くらいに木治屋さんに戻り、洗面所で手洗いうがいをしようとすると。

SAORI
SAORI

あれ?電気が点かない…

洗面化粧台の電気が点かない。まぁいいか、今日は私たちともう1組しかお客さんいないって言ってたし、節電かしらと思って特に気にせず。するとそこにご主人がやってきて、

宿の主人
宿の主人

大変なことが起きました

宿の主人
宿の主人

夕方、2つあるブレーカーの1つが調子悪なって、

宿の主人
宿の主人

水回り(風呂・洗面・トイレ)と台所の電気が点きません!

と電気点かない宣言。な、なんですとー!でも私としては電気が点かないことよりも、

ご主人の顔面が近い。

電気が点かないのは個人的にはどうってことない。旅先では停電したり、そもそも電気が無かったりも多いから気にならない。むしろちょっとワクワクする。そんなことより顔面が近い。まぁいいか。

 

宿の主人
宿の主人

村の修理業者に電話したんやけど、

宿の主人
宿の主人

もう酒飲んでしまって今日は来れへん言われたわ

宿の主人
宿の主人

なので、今夜は闇風呂や

宿の主人
宿の主人

ほんま、申し訳ない

SAORI
SAORI

闇風呂ヒャッハー!

ご主人、ご安心ください。まったく謝る必要はございません。むしろ良かったですね、停電した日に宿泊したのが私で!(偉そう)

 

宿の主人
宿の主人

台所も電気点かへんから

宿の主人
宿の主人

ロウソクの灯りで夕飯の準備してるんや

宿の主人
宿の主人

台所、見に行ってみぃ

と促され台所へ行ってみると、真っ暗闇の台所で、丑の刻参りの時に頭に突き立てるようなロウソクに火を灯し、お母さんが料理を作っていました(ロウソクは調理台に置いてます、頭に突き立ててはいないよ!)。ぶっちゃけ、ほとんど何も見えません。

SAORI
SAORI

何このシュールな展開

SAORI
SAORI

お母さん!大丈夫ですか?

お婆さん
宿の奥さん

これくらい大丈夫やで~

と、やかんを運ぶお母さん。

ビチャビチャビチャ

SAORI
SAORI

いや、めっちゃこぼれてますがな

SAORI
SAORI

私運びますよ

お婆さん
宿の奥さん

大丈夫やで~

ビチャビチャビチャ

女性の言う「大丈夫」は良く分からない。

 

特製味噌だしのぼたん鍋

古民家の宿 木治屋 曽爾村

そんなこんなで丑の刻参りロウソクの灯りの中、お母さんが作ってくださった夕飯がこちら。(食事処と部屋の電気は大丈夫だった)

SAORI
SAORI

特製味噌だしのぼたん鍋ー!

暗闇の中、本当にありがとうございます。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

肉は全般好きですが、猪肉も大好き。

以前、天川村・洞川温泉の『あたらしや旅館』で食べたぼたん鍋が美味しくて、それからは「また奈良でぼたん鍋食べよう」と狙っていました。何て言うか、猪肉はすごく力強い。『ザ・ワイルドライフ~野山を駆け巡った俺の生き様~』みたいなタイトルを付けたくなる肉です。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

あとは曽爾で獲れた鮎の塩焼き。川魚も好き。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

ちょっと寒くなってきたこの季節に、お味噌味のぼたん鍋は染みる~!

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

停電のお詫びにと、夜のお供に『かき餅』を焼いてくださいました。

SAORI
SAORI

そんなぁ、悪いですよー!

と言いつつ、

SAORI
SAORI

部屋に持って行っていいですか?

と食べる気満々。

女性の言う「そんなぁ、悪いですよー!」は良く分からない。

 

今夜だけ!闇風呂体験

私たちの他に居た宿泊客は、大学生くらいの1人旅の男の子。先に彼にお風呂に入ってもらったのですが、「真っ暗でほんま怖かったです…」と言って帰ってきました。まぁ、そうだわな。

古民家の宿 木治屋 曽爾村

では我々も風呂に入りましょう。武器はこちら。懐中電灯(でかめサイズ)です。

SAORI
SAORI

照らすぜー!

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

実際は懐中電灯の照らした一点しか明るくならないので、風呂がどのくらいの大きさなのか等も分からず。まさに闇風呂。

SAORI
SAORI

とりあえず、髪の毛とか洗おう

と洗い場で体と髪の毛を洗い、泡を流していると。

SAORI
SAORI

あれ…

これは、今まで何度か経験したことがある気配。
来る。アイツが…来るっ!

SAORI
SAORI

水シャワー!

ほらね。旅の醍醐味・水シャワーです。良かったですよ、大学生くらいの彼に先にお風呂入ってもらって。彼、水シャワー浴びたら多分泣いちゃうもん。

おそらくシャワーのお湯は故障したブレーカーで沸かして貯めていたのでしょう。幸いにも岩風呂の中のお湯は熱々なのが勢い良く出ていたので、それをぶっかけて泡を流しました。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

ちなみに懐中電灯の灯りをうまく調整したら、写真では岩風呂の全貌が見えました。これ、ご主人が全部手作りしたのかぁ。立派な岩風呂ですな。

シャワーはアクシデントで途中から水になったけれど、岩風呂はとっても気持ち良かったよ!部屋にエアコンとかないので、お風呂でしっかり温まってから寝ることをオススメします。ちなみにお風呂は24時間いつでも入浴可能だよ。

 

朝食と御朱印みたいなサイン

古民家の宿 木治屋 曽爾村

翌朝。朝食は湯豆腐。ほっこり。ごはんを食べていると、宿のご主人が紙をくれました。

 

古民家の宿 木治屋 曽爾村

SAORI
SAORI

え!これどこかの御朱印ですか?

宿の主人
宿の主人

私が書いた

私 が 書 い た

マジかよ。岩風呂作れて御朱印(みたいなの)も書けるとか、多才すぎ。

『漆部の郷(ぬるべのさと)』と書いてありますが、『漆部(ぬるべ)』とは漆塗り職人のことで、実は曽爾村は日本の漆文化発祥の地と言われています。それで曽爾村は『漆部の郷』と呼ばれているんだって。

色々教えてくれたご主人。アクシデントはあったけど、思い出になるとても楽しい滞在でした!

 

「古民家の宿 木治屋」の総評

設備:★★★☆☆

歴史ある古民家で、タイムスリップ感が味わえます。これは仕方ないのですが、古民家なので空調設備や防音に関してはほぼ無いと思って下さい。寒い季節に行く方はご自身で厚着するなど対策を。あと敷布団は結構薄いので、毎日ふっわふわのベッドに寝ている方は布団を重ねるなど工夫を。
それらもひっくるめて楽しめる方にオススメ!

 

スタッフ:★★★★★

宿のご主人・奥様はとても親切です。曽爾村生まれ曽爾村育ちなので、色々詳しいしお話も楽しい。ぜひ色々聞いてみて下さい!

 

立地:★★☆☆☆

車かバスでのアクセスになります。曽爾村自体が遠出になるので、★2ですみません。

 

価格:★★★☆☆

最安は『素泊まり5,000円(税別)/1名』で、プランはいくつかあります。今回我々が利用したのは『ぼたん鍋プラン(朝食付き・税別)10,000円/1名』です。
楽天トラベルでは【現金特価】の表記がありますが、キャッシュレス決済でも同じ金額でした。
 

▼木治屋は楽天トラベル、もしくは宿の公式サイトから予約となります▼

 

「古民家の宿 木治屋」の場所

 

<つづく>

 

(この記事は2020年9月の奈良旅ブログです)

コメント

  1. 奈良紳士 より:

    こんな巡り合わせも旅の醍醐味なんどすね。奈良は数日の観光じゃ足りなそうでふ。
    GOTOした気になりました。
    GOTO GOツー

    • saorigraph より:

      たしかに紳士のお住まいからだと、3連休か4連休は欲しいところだね!
      奈良、人少ないしゆっくり出来て良いと思うよ。

      しばらくは紳士の分までGOツーしまくってくるわ!
      まだそっち、帰省できなそうだし…